2006年12月09日

天皇杯5回戦 大宮アルディージャ戦 12/9 2006

天皇杯5回戦の大宮戦サッカー
4回戦に続きヤマハスタジアムで出来るジュビロはラッキーですね。
しかしDF陣がすこし苦しい布陣。
ジンギュと田中マコ、茶野が出られず犬塚、秀人、大井、上田の4バック。
そしてGKには怪我のヨシカツに代わって佐藤洋平が先発です。

試合ですが、まずは大宮ペースバッド(下向き矢印)
ジュビロは動きが悪くボールを持っても周りが動かずにパスの出しどころがありません。
そのうちにミスをして相手のカウンターをくらうと言う展開。
何度も決定的な場面を作られますが、洋平のナイスセーブと相手のシュートミスに助けられなんとか0−0のまま前半終了。

後半は船谷に代えて西をFWに投入。
西と前田の2トップにした事によって少しは前線でボールが持てるようになり形が作れるようになってきます。
そして前線でこぼれたボールが運良く西の前に来てそのままゴール1−0グッド(上向き矢印)
ラッキーな形で先制します。
その後は攻められますが、なんとか凌いでそのまま終了1−0exclamation×2

試合中はそうは思いませんでしたが、なんとジュビロはシュート1本!
大宮は13本うっていたらしい・・・。
前半はどうしようもなくひどかったのでシュート0だと分っていましたが、後半は少しは良かったので1本とは思わなかったですね。
しかしジュビロの選手は走りませんね。
今年はもう終わりでいいと思っていたんじゃないでしょうか?
やる気を出せよ!って感じの試合でした。
posted by ハント at 00:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。